沼落ちの備忘録

こんにちは。はじめまして。

のく と申します。

 

 

タイトルの通り私がTravis Japan、そしてジャニーズJr.の沼にハマっていった過程を書き残すブログです。

 

と、言っていますがこんなブログ書くのも初めてだし、沼落ちしてからかれこれ2年経ってるのでもう記憶が薄れまくってまして...

だけど数年後、もっと思い出せなくなる前に残しとかなきゃ!!と思いながら月日が過ぎていって今に至ります。

 

時々いろんな方の沼落ちブログを見るのですが、十人十色のハマり方があって、それぞれのハマった瞬間が鮮明に記されているのを見て感動しています。

 

もう沼落ち当時の記憶はだいぶ消えていっているので、「この瞬間に落ちた!」とかは思い出せません。そして衝撃的な出来事があったわけでもありません。

みなさんのように面白いことは書けませんが、本当に私の年表の一部を書き出すように個人の備忘録として残したいと思います。

 

 

 

語彙力や文才は皆無ですが、お付き合いいただけたら幸いです。

 

レポートみたいになりそう。

 

 

 

本題に入ります。

 

その日は突然やってきた。


家でBSが見られるようになったのだ。
そのことで人生が変わるなんてその時は想像もしていなかった。(大げさ)

こういう入りやってみたかった

 

BS入ったなら少プレ見てみるか~の気持ちで録画し始めました。

 

それまでも嵐のオタクをしていたから(今でも緩くは追ってる)、コンサートのレポをいつも少年倶楽部プレミアムで長めに流してくれてるってことは知っていたけど、少年倶楽部の方はほとんど存在も知らなかった。だからBS見られるようになってもしばらくは少プレメインだった。


これまた嵐関係で、関西ジュニアに二宮教信者の西畑大吾っていう子がいること、その子がニノのソロを披露したこととかはちょっと目に入ってた。そこでJr.の子は先輩の曲をカバーできるんだなって知ったのかもしれない。(この辺の時期はぐちゃぐちゃ)

 

嵐も活動休止するし、嵐の曲歌ってくれる後輩がいるなら見てみようかなって気になって、少クラを見始めたんだよな…

 

*追記

全然時系列違いました。すみません...

 

私が少クラ見始めたのが2018年の5月とか6月

嵐が活動休止発表したのが2019年1月

 

だったので、休止とか関係なく嵐の曲を歌ってる後輩を見てみようと、当時の私は思ったのだと推測します。

今の私が過去の記憶を書き換えてしまってる...

人の記憶はすごく曖昧なんだなって知れました。

 


少クラの1番最初の記憶は東京B少年HiHi JetsNHKホールの外でサクラ咲ケを歌ってる映像でした。桜吹雪を自分たちで撒いてる演出で、「後片付け大変そう…」っていう無駄な心配をした記憶がある。


そしてこんなたくさんの子の名前絶対覚えられない…とも思った。

(時間かかったけど全然覚えられた。)

(19年組も頑張って覚えなきゃ)

 

で、確かその回でうきなす一世が客席から喋ってて、名前のテロップ出たときに「金指ってなんて読むの!?この子幼い!」とか色々思いながら、初めての少クラに触れたのでした。

当初は東京B少年の記憶しかない。笑

 

たぶんこれが5月か6月ぐらいのこと。

それからもしばらくは平凡な日々を送っていました。

 

そして、2018年8月

学校が夏休みに入ったのもあり、せっかくだからJr.を知ろうと思って

禁断のYouTubeに手を出してしまった。

 

Jr.がYouTube始めます!っていうニュースは知ってたけど私には関係ないなってその数か月前には思っていたのに...

ほんと人生何が起こるかわからない。

 

これがめっちゃくちゃ大きなターニングポイントでしたね。

このときYouTube見ようとした私を盛大に褒めたい!!

(如恵留くん褒めて!!)

 

見始めるのはいいもののYouTubeには5グループもいるじゃないですか!

まず、高校の同級生がバカレアの頃からきょものファンだったから名前に馴染みがあったSixTONESの動画を見始めた。
奥多摩のドライブが更新されてた記憶があるからたぶん8月上旬のこと。

 

スマホの手帳確認してみたら、8月9日[Jr.チャンネル]、8月10日[Jr.憧れ]

とメモってありました。すぐ尊先調べようとしてる。行動が早い。


SixTONESの動画を全部見終わったところで

「まじでこの人たち面白すぎる...たぶん私SixTONESのオタクになるんだろうな...」

ってぼんやり思った。


さらに「Jungle」 とか「Amazing!!!!!!」 とか見て、この人たちカッコいい…やばい…ってなって何度も何度も見てた。
しかも、改めて少クラ見てみたら「LOVE JUICE」を披露しているSixTONESに出会ってしまい、これはNHKで流していいんか??やばいぞ?とか思ってました。


当時のアー写が2018年の横アリの時のやつで(違ってたらすみません)、みんな髪の毛とかキメキメだったから、ビジュアルに関しては…うん…そんなに期待してなかったというか…はい。
でも映像で見るとビジュアルいいしパフォーマンスはめちゃくちゃワイルドで、嵐ばっかりだった私には新鮮だった。

 

そして、夏休みだしその流れでJr.チャンネル全部ひと通り見ちゃお〜!って思った私。

確かSnow Man、美 少年(当時は東京B少年)、HiHi Jets、そして最後にTravis Japanっていう順番で見た。
その時はYouTube始まって1年目の夏だったから割とすぐに見終わった。

全部見切れる量だったのもよいタイミングだったのかも。

 

全部見終えて、

どのグループもいい!!推し決められない!!

となってました。もう完全にJr.の沼にはハマってます。

 

後は応援するグループを絞る段階。

SixTONESはまじで笑いまくったし、Snow Manは遅刻する人いるしお化け屋敷にビビりまくる人いるしなんかすごかったし(語彙力)、東京B少年は初々しくてかわいいし、HiHi Jetsはローラーといろんな企画力に驚いた、Travis Japanはヌルヌルしてるし...

 

ただ、当時のことなので書きますが、「トラジャとハイハイはないかな...」って思ってました。(Travis Japanも最初は英語読めてなくて『トラビス』じゃなくて『トラビアス』って呼んでた。ツンプルにバカ。どこにaが入ってんの。)(恥)

タイムマシンあったらその時の私を殴りに行きたいです。

(でもこう思わなかったら今の私はないかもしれないので許します。)

 

現在はトラジャとハイハイのオタクを主にしてるから、人生何があるかわからない。(2回目)

 

まあ、上裸でヌルヌル対決してるアイドルはチャンネルの中でも一番の衝撃だったのは間違いない。

 

イヤホンガンガンしないゲームはSixTONES中心に見てた気がするし、ストトラの花火対決もSixTONES中心に見てて、トラジャは真面目でいい子たち!って印象が残ってた記憶がある。

8月の時点では担当はもちろん、まだ推したいグループもSixTONESが優勢だけど定まっていない。

ほんと沼へのハマり方が超絶ゆっくり。

 

そこからは動画を繰り返し見る日々でした。たぶん。

(このあたりの記憶がほとんどない)

 

 

ここから私自身の心境に変化が起こっていきます。

 

動画は聞き流せるからってパフォーマンスをたくさん見てました。

各グループのオリ曲を聞いてて、だんだん好みがはっきりしてきました。

どの曲も好きなんですけどね。

 

そのうち、一番再生してた曲は「夢のHollywood」になりました。

youtu.be

 

(あれ??なんでトラジャ?一番ないって思ってたじゃん私...?)

なんて少しの葛藤は軽々しく超えて、めちゃくちゃ好きな曲になってました。

 

完全に好みの問題で、ショーテイストの曲が好きだから自然と夢ハリをたくさん見てたのかもしれません。ありがとう夢ハリ。

なお「みんな一緒に!」のやばさには気づいてない模様。

 

 

それに、誰もが一度は通る道だと思いますが、

トラジャはとにかくダンスがうまい!!!!!!!

 

夢ハリと同様にハピグルも当然何回も何回も映像を見ていて、YouTubeのコメント欄を読んでたら、

「これがコンサートのアンコールなんて信じられない」(ニュアンス)というコメントに出会いまして、

は!?この人たちアンコールの体力なくなってる状態でもこんなにダンス揃うの!??!すごい!好き!

 

youtu.be

 

...はい、落ちてますね。

 

今までトラジャにハマったきっかけがよくわからないと思ってましたが、これ書いてたらめちゃくちゃきっかけあった。

ダンスでした。

 

今気づいたのが怖いぐらい。やっぱりトラジャのダンスが好きです。

 

 

その後、

 

Jr.情報局に入会したのが2018年9月27日でした。

その時には迷った結果、好きなアーティストを空欄にしました。

 

なんか証拠ないかな~って思ってLINEでトラジャって検索してみたら、

 

友達「情報局の好きなアーティスト誰にしてあるの?」

私「松田元太くん!」

「登録するとき書いてなかったけど最近やっと書いた」

「当初担当決まらなくて」

 

って会話を2019年2月4日にしてました。

 

担当決まるの時間かかりすぎ。

 

 

ここで問題発生です。

なぜここで「松田元太」を書こうと思ったのか、すなわち松田元太くんに落ちた経緯、これがふわふわしすぎて謎なんです。

たぶん顔とパフォーマンスとYouTube全部ひっくるめてだと思いますが、これ!というのがなさすぎて...

 

少しの心当たりがある動画を乗っけておこうと思います。

 

・ネグルシ

youtu.be

失神って本当にするものなの?え!大丈夫なの?

ってめちゃくちゃ心配になって強く印象に残ってる。

 

失神しても顔がよい。

 

・催眠術

youtu.be

催眠術かかってる中、ちゃかげんが手をつないでハグしてる画がとても幸でした。

笑いが止まらなくなってるのがかわいすぎました。保護!

 

・ベストフレンドS

youtu.be

パワーワードがたくさん生まれました。

今や定番の「やっぱりかよ!」(cv.川島如恵留)が爆誕した回。(ですよね...?)

 

この動画でより元太くんのかわいさ、ヤバさをより深く知ったのだと思います。

 

・ライトオンコーデ対決

youtu.be

試着室での元太くんの松倉くんに対する

「オマエが好きだ!」

 

如恵留ママの

「そんなオマエらが好きだ!」

 

ここで強く松松を感じました。このくだり大好きです!!!

というものを好きになるのは当然だと思うので、語らないです。

いや、私なんかが語っていい存在ではないです。松松は。

 

 

以上、2018年9月~11月のYouTubeでした。

ただのおすすめYouTube紹介になってしまいました。

この時期の内容が好みだったっぽいです。

 

時間はかかってるけど元太くんへの沼落ちもわかりやすかった。(デジャヴ)

(松松を好きになるのは当然だけど、その経緯は元太くんの沼落ちよりもわからない。迷宮入り。)

 

元太くん、これで確実に私を沼に落としたっていう心当たりがあったら連絡ください!

 

 

 

はい。

 

 

 

これで私の沼落ちの経緯は以上になります!

 

自分のことを少し言語化できたのはいい機会でした。

 

もしこんな拙い文章を読んでくださった方がいたら感謝しかありません。

本当に自分でも何言ってるかわからないし文脈つながってないと思う...

 

実際に書いてみて、のえまるでこの倍以上の文章書いた如恵留くんのすごさを実感しています。

 

 

今後も私は私なりのオタクライフを送りたいと思います!